不登校が長引いているH君

現在、中学生の間でも「コミュ障」と
平気で口にする時代になりました。
先日、知能指数には全く問題がない、
でも中学2年生から4年間ものあいだ
不登校が続いている、通っていれば
現在高校2年生のH君というお子さんが
お母様と一緒に来所されました。
学校には行っていないものの成績は優秀
既に高認は取得しています。
ですが、私共が何を質問しても答えは御本人ではなく
お母さまでした。1時間半の面談の間、声を聞く事無く
終わりました。

さて、勉学は苦手だけど、対人関係には何も問題がなく
御自身の道を歩まれていくお子さん、対して
成績優秀だけれども、自立できない、他人と話ができない
お子さん。少し考えさせられましたが答えは、
言わずもがな「後者」です。海外留学は勉学の為だけに
存在はしません。
また不登校歴が長くなって良い事は一つもありません。