不登校児..家族の力には限界があります。

今以って問題、話題となる不登校です。その理由は様々ではありますが、保護者の方々にとっては
当然ながら、ご家族の間では動揺しますし、また、家族での力のみで何とか解決しようとされます。
ですが、家族だけで努力するには限界があります。仮に保護者の方々の賢明な努力のみで解決するのは
、得策ではありません。家族ばかり焦っても、例えば多感な時期のお子さんであれば、これはまず、無謀な試みであると言っても過言ではないかと思います。また、もし家族関係が上手くいく様にはなっても、それは家族関係が良くなるだけで社会との、接点は広がって行かないからです。ご家族が、がんばるのは勿論だとは思いますが、他の機関にも頑張ってもらいましょう。第三者が介入することによって
改善される事も多いかと思います。みんなでお子さんの支援をしなければ、結果として保護者の方々は疲弊し、お子さんの課題は残り、有益とはなりません。家族はお子さんの支えとなり理解する立場にあります。ですが、頑張り過ぎると、お子さんの依存を招き、社会からの孤立につながって、事態を悪化させてしまいます。具体的には、孤立、依存、閉塞などです。その為には海外のボーディングスクールは、お子さんにとって良い経験となり、依存もなくなり、孤立、閉塞もなくなります。一言でボーディングスクールと言っても、その理由は皆違っていて良いと思います。