大人の発達障害で一番多いのはADHD

ADHDって子供の病気じゃなかったの?と首をかしげる方々も多いと思います。少し前までは発達障害は知能に遅れがあって学業についていけない子供の病気とする考え方が主流でした。その為に知的障害がADHDのお子さんは見過ごされ小学校から通常級に在籍し、中学、高校、大学へと進み社会人となっていました。ですが、脳の研究が進み大人になっても、沢山の方々が、知的障害を伴わない発達障害の方が多いと分かりました。その中でも最も多いのがADHDです。ADHDと聞いて真っ先に浮かぶのは多動や衝動ではないでしょうか。ですが、これらの症状は成長するにつれ、目立たなくなります。自制心が生まれるからです。大人の発達障害で一番多いのはADHDであると前述しましたが成人になっても見過ごされやすいのも事実です。何故なら学校の成績が良いので、本人も周囲も分からないケースが多いからでしょう。そして社会人となり組織に入った途端に壁にぶつかります。学校にいた時は成績は良かったものの、業務となると利害関係が生まれるので学生の頃とは生活が全く違ってきます。業務のミスの多さ、そして人間関係がギクシャクしてしまい、結果離職する方々も少なくありません。当然ながら、離職に至った経緯などがストレスとなり、二次障害と呼ばれる、鬱病に悩まされます。女性の場合で専業主婦の方々についても同様です。子育て、近所付き合いも上手くいかない。幸せな結婚生活とは程遠い現実があります。従ってご家族や周囲のサポートや理解は、勿論の事、そして様々な工夫によって児童から成人の方達まで「ADHD」は治せるということを理解して頂ければと思います。またADHDは遺伝である事もご理解下さい。当研究所では児童から成人までADHDでお困りの方々全てに対処法のサポートをさせて頂きます。